アフターケアが充実

マンション経営は当然マンションを建ててからが本番です。入居者を常に一杯にするためには、長期に亘る管理業務を続ける必要があるので、生和コーポレーションにサポートしてもらいましょう。生和コーポレーションはマンション運営のコンサルタントを行っており、創業から現在に至るまで、多くのマンション経営をサポートしてきまいた。その魅力は手厚いアフターケアにも現れているといわれていますが、具体的にはどんなアフターケアを受けられるのでしょうか。

まず注目したのが、生和コーポレーションが独自に行っているインフォメーションサービスです。入居者からの連絡に応じて、専門スタッフが即座に対応するので、オーナーである自分が動かなくても、即座に問題を解決してくれます。入居者が不便に感じる要素が減れば、それだけ長期に亘って入居してくれる方も増え、マンションの人気を保ちやすくなるので、将来的に見ても非常に大きなプラスとなってくれます。

生和コーポレーションではメンテナンスに関連するサポートも手広く実施しています。慎重に建てられたマンションでも、時には初期不良を起こすことがあるので、定期的に建物の検査を行い、建材などに異常が出ていないかチェックします。期間は最大で10年間に似設定されているので、大抵のマンションの建材が劣化するといわれる年月までは、確実に問題点を見つけ出し、即座に対応できるでしょう。

マンションの価値は築年数によって大きく変わるといわれており、古くなればなるほど価値は下がり、入居者も少なくなります。そうならないために、生和コーポレーションではリノベーションや大規模改修工事も請け負っており、マンションの価値をキープします。リノベーションを受ける際は、より多くの入居者が集まるであろうプランを元に、本格的なプランを考え、予算案や今後の賃料の設定なども支援します。大規模改修工事の場合は、古くなった建材を更新して、再び新築に近い状態で住めるマンション作りを行います。

生和コーポレーションでは、マンションを建ててからの運営の支援に始まり、その後の劣化したマンションの使い道についても提案しています。マンション投資は数十年以上にわたって続くケースもあるので、ちゃんと後のことも考えていかないと、すぐに後悔することになります。より魅力的な形でマンション経営を行えるよう、生和コーポレーションのアフターケアを活かしながら、徐々に問題点を改善していけば、投資もうまく進められるでしょう。